婦人

筋肉痛を早く治す方法を知れば痛みから解放される

痛みが起こるメカニズム

婦人

メカニズムからアプローチ

筋肉痛というのは、筋肉にある筋繊維が傷つくことによって炎症を起こし、その痛みが脳に伝わって感じるとされています。運動をした直後ではなく、一日二日遅れて痛みが出てくることが大きな特徴ですが、痛みがある状態というのはつらいものなので、筋肉痛を早く治す方法を知りたいところです。筋肉痛を早く治す方法として、痛みが起こるメカニズムに着目すると、まず冷やすという行為が大事であることがわかります。痛みがあるというのは炎症を起こしているということですので、この炎症をまずは鎮めることが必要になるわけです。冷やすことで痛みが和らいだら次は温める段階に入りますが、なぜ温めるかというと、温めることによって損傷した筋肉の回復を促すことができるからです。たとえば、ぎっくり腰は急性の筋肉痛ですのでまずは冷やすことが大事ですが、慢性の腰痛の場合は温めるのが効果的です。ぎっくり腰になったときに炎症を起こしているところを最初に温めてしまうと、さらに痛みが増してしまうことになりますので注意が必要です。筋肉痛を早く治す方法の基本は冷やしてから温めるということだと知っていれば、熱さまし用のシートといったグッズを用意しておくことで筋肉痛が起こったときに対処できます。冷やして炎症を鎮めたら、次は使い捨てカイロで温めるといいでしょう。よく筋肉痛になってしまうという人は、筋肉痛を早く治す方法に必要なグッズを常にセットにして持っておくのがいいかもしれません。筋肉痛を早く治す方法のためのグッズを使うときは、なぜそれをするのかという知識も併せ持っておく必要があります。